永久脱毛にも種類がある!脱毛方法の違い3選!


効果抜群!医療用レーザー脱毛

脱毛と聞くと、レーザーを使用した脱毛方法を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実はレーザー脱毛と言っても種類があり、その中でも最も効果が高いと言われているのが医療用レーザー脱毛です。文字通り、医療用なので取り扱いは主に皮膚科などの医療機関。後述するエステ系のレーザーと比べて出力が高いことが特徴です。高い出力のレーザーを当てることで、脱毛が完了するまでのサイクルを早めてくれます。

こちらが一般的なレーザー脱毛?エステ系レーザー脱毛

前述した医療系レーザー脱毛とは出力部分で差があるのがエステ用レーザー。もちろん脱毛効果はあるのですが、医療用と比べて低出力。肌の弱い方や毛の太い方などにはいいかもしれません。ただ、医療用レーザーと比べて脱毛が完了するまでの回数が多くかかるため、総額も高くなりがち。なるべく短い期間で終わらせたいのでしたら、医療用レーザーの方が期間、金額ともに抑えられるでしょう。

痛みも効果もこれが最強!?ニードル脱毛

これまで紹介してきたレーザー脱毛は、毛根にレーザーをあてて徐々に弱らせて、生えてくる毛を細くしながら最終的には毛が生えてこないようにしていくというもの。それに対してニードル脱毛は毛穴に針を刺し毛根に電流を流して「毛根そのものの機能を終わらせてしまう」という超強力なものです。毛の成長周期にもよりますが、手なれた施術師がやれば8割以上の確率で毛が生えてこなくなります。難点としては、時間がかかること。また、費用も高くなりがちです。そしてとにかく痛いというデメリットもあります。我慢強さに自信がある方にはおすすめの脱毛方法と言えるでしょう。

部分を脱毛する方は多くいます。例えば腕や脚のように体の一部を大まかに分けた一部を脱毛することをさします。