ほくろを取り除く方法やメリットとデメリット


気になる肌のトラブルとほくろについて

いつまでもキレイな自分でいたいと、日頃からお肌のお手入れに力を入れている人は多いのではないのでしょうか。毛穴をひきしめたり黒ずみが毛穴を塞いでしまわないようにするなど、お手入れをすることで防ぐことが出来る多くのことがあります。では生まれながらに持っているほくろはどうなのでしょうか。元々あるものだから、といって納得出来る人もいるかもしれませんが、気になってしまったらそうはいきません。このようにほくろを気にしてしまうのなら除去する、という方法もあるのです。

ほくろはには良性と悪性がある

ほくろは母斑細胞が増殖することでできる良性のできものです。良性のものなので除去する場合、保険は適用されず自己負担となります。また一見ほくろだと思っていてもなかなか気づきにくい悪性のものもあるので、何かおかしいと思ったらすぐに医療機関で受診することをおすすめします。では良性のほくろについて除去する場合、どのような除去方法と費用がかかるのでしょうか。ほくろは皮膚の内部にあるため細胞を深く取り除かなければなりません。レーザー治療やメスを用いるくり抜き法、切除縫合法などその深さにより適した除去方法があります。また除去方法や場所により費用は異なります。

ほくろ除去後の対処とメリットとデメリット

ほくろの除去後はレーザー治療の場所、傷が閉じるまで軟膏を塗ったりテープで保護をします。くり抜き法や切除縫合法は傷を縫いテーピングを行うなどをします。ほくろを除去することにより、ほくろに対するコンプレックスを軽減したり、前向きな考えになる人も多くいます。ただ再発する場合もあり、必ず一回で除去出来るわけではありません。様々な情報を集め吟味し、疑問や不安を医師に伝えることも大切です。

毛穴は特に顔の部分では大きな肌トラブルを引き起こしてしまいます。鼻の黒ずみや頬のニキビなどの予防は、まず皮膚科で毛穴ケアをすることが大切です。