正しくやってる!? ニキビケア本当のやり方


正しい洗顔でニキビケア

まず洗いすぎに気をつけます。ニキビが気になるからといって何度も何度もゴシゴシと洗顔していると肌に負担をかけるばかりか、必要以上に乾燥させてしまいます。たしかにニキビの原因は皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすことですが、皮脂が足りなすぎてもニキビが発生してしまいます。何度も洗顔するのではなく一度の洗顔を正しく丁寧に行うよう心がけます。空気を含んだたっぷりの泡で優しくなでるように洗います。これだけでお肌の調子も整ってきます。

洗顔後に忘れてはならないのが丁寧な保湿です。正しく洗顔されたお顔の肌にしっかりと水分を補給してあげます。適度に水分を含んだ肌は弾力もあり、多少の刺激には負けない強い肌となります。正しく洗顔と適切な保湿が大切です。

できてしまったニキビの正しいお手入れ方法

まずは毛穴を開かせることです。ニキビは毛穴が詰まって炎症を起こすものですから、治療の第一歩は毛穴を開かせること。そのためにはアルカリ性の洗顔石鹸を使って洗顔するのがおススメです。よくあるクレンジングは弱酸性なので毛穴は開きません。次に食事です。効果的なのはビタミンB2やB6で、緑黄色野菜や納豆などが豊富に含んでいますからおススメです。これらを摂取すると皮脂の分泌を抑えることができますから結果的に今あるニキビを直し、新たなニキビの発生を抑制します。

逆にやってはならないことは「指でニキビを触る、潰す」こと。どんどんニキビが悪化していきます。また髪の毛は意外と汚れているものですが、それがおでこなどに触れているのもニキビ発生の原因となります。さらに睡眠不足やストレスも大敵です。ヘアスタイルにも気をつけて生活習慣全般を見直ししっかりとした睡眠をとるよう心がけます。

ニキビ跡を上手に治すには専門のクリニックによる診断を受ける必要があります。専門クリニックではこれまで数多くの症例に対して施術してきた実績を持っていますので、確かな治療を受けることができます。