他の部分との痛みの違いは?サロンで受けるのは恥ずかしくない?


他の部分よりも痛みがある可能性

体毛は全身に生えていますが、それぞれの部位で生える毛の太さや長さ、そして皮膚の薄さなどが異なります。皮膚が薄い部分だと脱毛処理をするときに痛みが出やすくなるので、自己処理はもちろんサロンを利用するときも覚悟して行かないといけないでしょう。VIOは脱毛処理が大変な部位の一つで、大切な器官が集まっていてさらに皮膚が薄い部分もあります。自己処理をしているときに痛みを感じたり出血を経験した人もいるかもしれません。美容クリニックだと痛みを抑えるために麻酔をしてくれるので、施術中に痛みは感じないでしょう。サロンはお店によって対応が異なり、痛みを軽減してくれるお店だと他の部位同様いつの間にか終わってたぐらいに無痛の施術をしてくれます。

サロンでの施術方法を知ると恥ずかしさが軽減

体の中には人前で見られても気にならない部分と見られると恥ずかしい部分があります。誰もが共通して見られて恥ずかしいと感じるのがVIO部分で、日常生活では下着などで隠れているので見られる心配はありません。ではサロンなどで脱毛処理を受けるときはどうするのか気になる人もいるでしょう。下着を取って何も身につけないまま施術の場に行くのを想像しただけでも恥ずかしくなりそうです。クリニックやサロンによって対応は異なりますが、何もつけずに施術をするところと紙ショーツを用意してくれているところがあります。紙ショーツを少しずつずらして施術をしてくれるので、気分的にも恥ずかしさは軽減できるでしょう。恥ずかしさがまぎれるよう色々話しかけてくれる心遣いもしてもらえます。

脱毛サロンでのVIOライン脱毛は、通常紙ショーツを履いた状態で行います。初対面の女性にVIOを見せるのは恥ずかしいという方も安心して施術を受けられます。