ヒアルロン酸って何?どう使えば役立つの?そんな疑問にお答えします


ヒアルロン酸とは何か?

ヒアルロン酸は強い粘性と弾性を持つ成分です。赤ちゃんの肌にはたくさんのヒアルロン酸があるのでぷにぷにしています。しかし、加齢とともにヒアルロン酸の量が減っていき、肌の弾力が失われていくことになります。また、ヒアルロン酸にはもう1つの大きな特徴があります。それは保水力です。ヒアルロン酸1グラムあれば、6Lもの水を保持することが出来るとされます。人間の肌の中にあるヒアルロン酸は肌から水分が奪われないように働いており、そのことが刺激から肌を守ることにも繋がっています。ヒアルロン酸が不足すると水分の保持機能が弱まり、様々な肌トラブルの原因ともなりえます。それゆえにヒアルロン酸がアンチエイジングなどにおいて注目されています。

ヒアルロン酸の使い方

ヒアルロン酸は原液の状態でも販売されており、誰でも簡単に購入することが出来ます。しかし、ヒアルロン酸を買ったとしても使い方が分からないという方もいるのではないでしょうか。ヒアルロン酸は肌に直接塗るのが基本的な使い方となります。肌に塗ると浸透していくので、肌の内部で水分を保持してくれます。化粧水などに混ぜて使うことも出来ます。塗ることによるヒアルロン酸の効果はあくまで一時的なものとなっています。ヒアルロン酸の効果を継続的に得るために注射を受けるというケースもあります。注射をしてもらうと塗ったときよりも大きな効果が発揮されますが、その分安全性を確認しておくことが重要となります。

ヒアルロン酸注射をすれば、たるんだ肌が上がります。芸能人でも、使用している人が多く、人気の施術です。