シミを作らせない!自分でできるシミ対策をチェック


まずは紫外線対策が欠かせない

1つでもできてしまうと一気に肌年齢が老けてみられてしまう「シミ」、できるだけ作りたくないものです。年齢を重ねてもシミの無い肌をキープできれば、それだけで若々しい印象を与えることができます。シミ対策として欠かせないのが「紫外線対策」です。シミができる原因はいくつかありますが、最も注意しなければいけないと言われているのが紫外線による肌へのダメージです。紫外線を浴びるとダメージから肌を守ろうとして、メラニンという色素が過剰に作られます。このメラニンが作られ続ける状態が続くと、シミが出来やすくなるのです。ですので、日頃から日焼け止めを塗る・日傘をさす・帽子をかぶるなどして紫外線から肌を守る対策を、しっかり行うようにしましょう。

美白化粧品を使ってシミを予防

シミ予防のためには紫外線対策だけでなく、美白化粧品を使ったスキンケアも有効です。美白化粧品にはメラニンの生成を抑制する働きのある、アルブチンやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などの美白成分が配合されています。できてしまったシミを美白化粧品で消すとなると時間がかかってしまいますが、予防として使うのはとても有効です。ただし、美白成分の中でもビタミンC誘導体という種類は、皮脂の分泌を少なくする働きがあるので元々、乾燥肌という人が使うと肌が乾く感じるかもしれません。乾燥肌の人が美白化粧品を選ぶときは、美白成分だけでなく保湿成分も含まれているかどうかチェックすると良いでしょう。

シミを予防するための方法としては、日焼け止めや日傘を用いて紫外線から肌を守る、ビタミンCを積極的に摂取してメラニンの色素沈着を抑制するなどがあります。