メスを使わないプチ整形でも変わる!ボトックスでの小顔整形


筋肉に作用して顔を小さくするプチ整形

顔が大きいのがコンプレックスという人に、おすすめしたい美容整形があります。その美容整形とは「ボトックス」です。ボトックスは筋肉の動きを抑制する薬剤を、注射器で注入するだけという簡単なプチ整形の1つです。顔が大きい原因としてエラ部分にある、咬筋という筋肉が過剰に発達していることが挙げられます。筋トレをしている人の腕や脚は、そうでない人に比べると筋肉によって太く見えますよね。顔の筋肉も同じで鍛えると大きくなります。エラ部分の咬筋が発達すると顔が大きく見えたり、四角いベース型のフェイスラインとなります。ボトックスを咬筋に施すことで、筋肉の動きが弱められ小さくなるので結果、顔が小さくなるという仕組みです。

ボトックスでの小顔整形が向いている人とは

エラ部分にある咬筋が大きく発達している人だと、ボトックスで小顔を作ることが可能と言われています。ただ、自分がボトックスに向いているのかどうか、分からないという人も多いのではないでしょうか。咬筋が原因ではなく脂肪のつき過ぎや、骨自体が大きい場合はボトックスで小顔にすることはできません。咬筋が発達しているかどうかをチェックするためには、奥歯を噛みしめてみると良いでしょう。奥歯に力を入れてみて、エラ部分がポコッと膨らんだ場合は咬筋によって大顔に見える可能性が高いです。ボトックスでの小顔整形を希望する人は、まずこのチェック方法を試してみると良いでしょう。もちろん、クリニックを受診すればボトックスで小顔になれるかどうか、ドクターがしっかり診察してくれます。

ボトックスは、表情筋に直接作用し、皮膚のたるみだけでなく、多汗症やわきがなど様々な肌の悩みに対処することが可能です。